top

 

 スポンサードリンク

コラーゲンたっぷり!高栄養のアンコウ鍋レシピ!

今回ご紹介します鍋料理レシピは、「アンコウ鍋」です。一見怪獣のようなグロテスクなアンコウですが、アンコウの肝臓は海のフォアグラとも言われるほどの美味です。この肝臓の脂肪には血栓予防に効果的な脂質が含まれており、またコレステロール値を下げる働きがあります。この脂質には脳の働きもよくするDHAが含まれておりますし、ビタミンも多く含まれていますので美容にも注目されています。

今回の鍋料理レシピでは、見かけのグロテスクさからは計り知れない栄養価のあるアンコウが主役です。人は見かけによらないものなどと言いますが、人だけではなくこの魚もそうかもしれません。多少骨が多く食べづらいかもしれませんが、これも美容と健康のためです。ですが食べているうちに、おいしさからその煩わしさも忘れてしまうでしょう。
では、はじめましょう。

●アンコウ鍋
材料:アンコウ切り身...300g ごぼう...適量 絹ごし豆腐...2分の1丁 しめじ...1袋 長ねぎ...1本 水...3カップ 料理酒...適量 みりん...適量 砂糖...適量 しょうゆ...適量 味噌...適量

作り方
1、まず、ごぼうはささがきに切り、しめじは石づきを取り食べやすい大きさに切っておきましょう。長ねぎと絹ごし豆腐も食べやすい大きさに切ります。
2、鍋に、水、料理酒、砂糖、しょうゆ、味噌を加えて煮立たせます。
3、煮立ったところへ、アンコウ、ごぼう、絹ごし豆腐、しめじ、長ねぎを加えて全体に火が通れば出来上がりです。サンダル・ミュール<通販>美味しいパンのお取り寄せ!美味しいネットのパン屋さん  


湯豆腐のポイントはポン酢!ポン酢も手作りしてみよう!

湯豆腐は、その名のごとく、豆腐メインの鍋でして、適当な大きさに切って煮込む簡単鍋です。ですがそれゆえに、豆腐をつけて食べるポン酢がかなりの決め手となります。今では、ポン酢は市販のものがかなり出回っており自ら作る機会はなくなりつつあります。

今回の鍋料理レシピでは、このポン酢も手作りして料理の腕をさらに上げていただければ嬉しく思います。料理は簡単なものほど、その人の腕がわかりやすいもの。バレンタインのチョコもその一例。溶かして固めるという簡単な作業だからこそ重要になるのはそこにどれだけの愛情を込めたかではないでしょうか。

湯豆腐は簡単なものの部類に入るものであるからこそ、気合いと愛情をこめて作りましょう。
では、はじめましょう。

●湯豆腐
材料:木綿豆腐...1丁 昆布...1枚 三つ葉...適量 ワケギ...1本 カツオ節...少々 水...500cc 手作りポン酢用(カツオ...節5g 酢...50cc しょうゆ...100cc 柑橘果汁...少々)

作り方
1、まず、ポン酢用のカツオ節、酢、しょうゆ、柑橘果汁を合わせて手作りポン酢を作っておきましょう。
2、次に、鍋に水を入れて、そこへ昆布を入れます。1時間ほど浸しましたら、火を点けます。
3、グツグツと煮立ってきましたら、豆腐を入れましょう。豆腐が温まってきたら三つ葉を加えましょう。
4、あらかじめ作っておいたポン酢に、お好みでワケギとかつおぶしを加えて召し上がってください。ブランド財布ランキング【レディース館】  


カモ鍋~悪玉コレストロールの働きを抑える成分もある!

カモ鍋で使うカモには、悪玉コレストロールの働きを抑えるオレイン酸やビタミンが含まれています。また、ビタミンAは豚肉の5倍も含まれておりますし、代謝がよくなることからダイエットにも向いています。

他にも、精神安定作用や、疲労回復にも効果があります。今回の鍋料理レシピでは、ヘルシーでありながらしっかり栄養も蓄えている鴨肉が主役になります。以前はなかなか見かける機会がなかったカモ肉ですが、 最近ではスーパーでも手に入るようになってきて徐々に身近な食材になりつつあります。ふとスーパーで見つけた時は、ぜひこのレシピを参考になさってみてください。
では、はじめましょう。

●カモ鍋
材料:鴨肉...300g 長ねぎ...2本 白菜...4分の1個 ごぼう...1本 セリ...適量 三つ葉...適量 だし汁...3カップ しょうゆ...適量 砂糖...大さじ1 みりん...少々 料理酒...少々

作り方
1、ごぼうはささがきにし、長ねぎと白菜は食べやすい大きさに切っておきましょう。セリ、三つ葉も食べやすい大きさに切り、鴨肉は5mmくらいの厚さに切りましょう。
2、鍋にだし汁と、しょうゆ、砂糖、みりん、料理酒を加えて煮立たせましょう。煮立ったところへ、鴨肉を入れて、次にねぎ、ささがきにしておいたごぼう、セリ、三つ葉も入れます。
3、アクを取りながら煮込めば、でき上がりです。
4、汁が残りましたら、そばを加えてカモそばを楽しんでみてはいかがでしょうか。もつ鍋お取り寄せ  


低カロリーで食物繊維が豊富なキノコ鍋を作ろう!

「きのこ鍋」のきのこは、きのこ自身で光合成をすることはできず枯れ木や枯れ葉、育っている木の根からの力を借りて成長する生き物です。要するに、他からもらった栄養ということにはなりますが、食べる健康食品といわれているほど体に良い食べ物です。

また、きのこはカロリーが低く、さらに、きのこには食物繊維が含まれています。食物繊維には腸の働きを活性化させ体内の不要物を排出させる働きがあります。今回の鍋料理レシピでは、このように美容にも健康にも良いきのこがたくさん使われます。
では、はじめましょう。

●きのこ鍋
材料:マイタケ...100g しいたけ...3枚 しめじ...50g なめこ...50g えのき...1袋 絹ごし豆腐...2分の1丁 だし汁...2カップ 料理酒...100cc 塩...少々 みりん...少々 しょうゆ...少々

作り方
1、しめじとマイタケは石づきを落として、いくつかに分けておきましょう。えのきは根元をきり、しいたけは半分に切ります。なめこは熱湯で軽くぬめりを取り、絹ごし豆腐は食べやすい大きさに切ります。
2、鍋にだし汁、料理酒、しょうゆ、塩、みりんを加えて煮立たせます。煮立ったところへ、マイタケ、しいたけ、しめじ、なめこ、えのき、絹ごし豆腐を加えて、全体に火が通ったらでき上がりです。
お好みで、七味トウガラシやすだち、かぼすなどを加えてもおいしくいただけるでしょう。  


鍋といえばお相撲さんのちゃんこ鍋が美味しい!

今回ご紹介します鍋料理レシピは、「ちゃんこ鍋」です。大人数で手軽に食べることができ、しかもおいしいのに安いということで力士の間ではおなじみの鍋ですが、私たちにとってはなかなか食す機会がありませんよね。ちゃんこ鍋のちゃんこの由来は様々ありますが、ここでは相撲協会の説をとりあげます。相撲協会では、長崎に伝わった中華鍋チャンクオから由来したと説明しています。

このちゃんこ、私たちの間ではちゃんこと聞けば鍋ですが、実は力士が作る料理はすべてちゃんこという名前になるそうです。我が家に力士がいて、例えば夕食がカレーでそれをその力士が作ったとなれば、カレーはちゃんこに早変わりということでしょうか。面白い話です。

さて、今回の鍋料理レシピには、ウインナーが入ります。これは以前某力士がちゃんこ鍋をテレビ企画で披露した際に隠し味として入れていましたので、ぜひその隠し味を真似てみましょう。
では、はじめます。

●ちゃんこ鍋
材料:鶏肉(もも)...200g 長ねぎ...1本 白菜...4分1個 ごぼう...適量 人参...適量 シラタキ(小)...1袋 木綿豆腐...2分の1丁 油揚げ...1枚 かまぼこ...3枚 ウインナー...3本 だし汁...3カップ 料理酒...2分の1カップ おろし生姜...少々 しょうゆ...少々 塩...少々

作り方
1、まず、白菜、木綿豆腐、長ねぎを食べやすい大きさに切りましょう。ごぼうはささがきにし、鶏肉はそぎ切りにします。かまぼこ、ウインナーは半分に切り、人参は火が通りやすいように薄切りにしましょう。
2、しらたきは少し茹でておき、油揚げは熱湯で油抜きしてから食べやすい大きさに切ります。
3、鍋にだし汁、塩、おろし生姜、しょうゆ、料理酒を加えて煮立たせます。
4、煮立ったところで、鶏肉、長ねぎ、白菜、ごぼう、人参、しらたき、木綿豆腐、油揚げ、ウインナー、かまぼこをすべて入れましょう。
5、火が通ればできあがりです。
ウインナーが隠し味のおいしいちゃんこ鍋を召し上がってください。  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら