top

 

 スポンサードリンク

簡単もやし炒めの作り方!塩・カレーでモヤシを炒める!

シンプルなもやし炒めは超簡単もやしレシピにも数多く登場するメニューです。
単品で小鉢などに盛り付けて出しても、またステーキや焼き魚の付け合わせに添えても合います。
もやし自体の味が素直でクセがないので、炒め油や調味料を変えるだけで超簡単もやしレシピのレパートリーもどんどんふくらんでいきます。
ここではそんなもやし炒めを3種類紹介します。

●もやしの塩炒め
材料:もやし…1袋、ごま油…大さじ2、にんにく…1片、鶏がらスープの素…少々、塩…少々、ブラックペッパー…少々
作り方
1.フライパンにごま油を熱し、スライスしたにんにくを炒め、香りが立ってきたらもやしを入れて強火で手早く炒めます。
2.鶏がらスープの素と塩で味をつけ、お皿に盛り付けてからブラックペッパーを振ります。

●もやしのカレー炒め
材料:もやし…1袋、オリーブ油…大さじ2、カレーペースト…大さじ2、ウスターソース…少々
作り方:
フライパンにオリーブ油を熱し、もやしを強火でさっと炒め、カレーペーストを絡めウスターソースで味を整えます。
緑豆もやしでもおいしくできますが、あれば大豆もやしがよく合うでしょう。

●もやしの塩こぶ炒め
材料:もやし…1袋、サラダ油…大さじ2、塩こぶ…10g
作り方
1.フライパンに油を熱し、もやしを入れて強火で手早く炒めます。
2.塩こぶを入れて全体に絡めるようにサッと炒めます。
お好みで最後にねぎの小口切りを振りかけてもよいでしょう。

もやし炒めは時間をかけずにサッと作れるお助けメニューです。
もっとボリュームを出したいときには、他の野菜や豚肉、鶏肉、さつま揚げなどをプラスしてもよいでしょう。ラーメン<お取り寄せ通販>麺マニア  


もやしの土鍋煮~もやしを使った鍋料理の作り方!

冬は鍋のおいしい季節です。
もやしを入れる鍋料理というと、キムチ鍋が思い浮かぶかもしれませんね。
ここで紹介する超簡単もやしレシピは、材料少なめ、味付けも簡単に、手軽に作れる「もやしの甜面醤煮」です。
超簡単もやしレシピも土鍋で作ると本格的な料理に見えるので不思議です。

材料:もやし…2袋、生鮭…2切れ、えのきだけ…1袋、長ネギ…1本、甜面醤…130g、しょうゆ…小さじ2、砂糖…少々

作り方
1.生鮭は1切れを3等分に切り分け、えのきだけは根元を落としてから長さを3等分にします。
長ネギは斜め薄切りにしておきます。
2.甜面醤、しょうゆ、砂糖を器で混ぜ合わせておきます。
3.土鍋にもやしの1/2量を敷き、その上に生鮭、えのきだけ、長ネギを並べ、さらにもやしを少し乗せます。
その上から2.をすべてかけ、最後に残りのもやしを乗せ、ふたをして火にかけます。
4.ぐつぐつと煮立て、火が通ったら煮汁ごと取り分けていただきます。

甜面醤は大体1瓶が130gで市販されているので、それを使い切る分量になっていますが、味を見て好みで加減してください。
火にかけるうち野菜から水分が出ますので、始めに調味料の味が濃いと感じたら、水を加えるのではなく甜面醤の量を減らしてください。
もやしはシャキシャキとして歯ごたえが楽しめる食材ですが、このレシピのようにくたっと味がしみてもおいしいものです。
土鍋のふたをぎゅっと押さえないとあふれてしまうほどのもやしを、この鍋料理でもりもり食べてくださいね。  


もやしハンバーグ~もやしを使うハンバーグの作り方!

もやしは低価格でタンパク質やビタミンCなど栄養も幅広く含まれ、家計にも、家族の健康にも優しい食材です。
そんなもやしを使った超簡単もやしレシピは節約・健康料理と呼べるでしょう。
ここで紹介する超簡単もやしレシピはもやし入りハンバーグですが、肉の量を減らしてもやしでかさ増しできるというだけでなく、食感も栄養面でもプラスがいっぱいのメニューです。

材料:もやし…1袋、合挽き肉…350g、卵…1個、パン粉…1/2カップ、塩コショウ…少々、砂糖…大さじ4、しょうゆ…大さじ4、みりん…大さじ2、サラダ油…適量

作り方
1.ボウルに合挽き肉を入れてよくこね、卵、パン粉、塩コショウを加えてさらに粘りが出るようによくこねます。
2.そこへもやしを加え混ぜ合わせ、8等分して丸く形作ります。
3.小鍋に砂糖、しょうゆ、みりんを入れて火にかけ、軽くとろみがつくまで煮詰めます。
4.フライパンにサラダ油を熱し、2.を入れて強火で両面に焼き色がついたらふたをして中火にして中に火が通るまで焼きます。
5.4.が焼けたらふたを外して3.のたれを絡めます。

このハンバーグの付け合わせには、こんにゃくや生しいたけを焼き付けて、同じ照り焼きだれで味をつけたものが合います。
とてもヘルシーな一皿になりますよ。
また照り焼き味は冷めてもおいしく、小さく作ってお弁当に入れてもよいと思います。
今回は照り焼きハンバーグにしましたが、違うバージョンとして大根おろしとポン酢でもおいしくいただけます。ロールケーキお取り寄せ  


もやしのお稲荷~もやし料理の変わりネタ!いなり寿司!

家計に優しい超簡単もやしレシピの数々ですが、もやし炒め、お浸し、和え物ばかりでは飽きも来てしまいますよね。
そこで、ちょっと目先を変えて超簡単もやしレシピの変わりネタを紹介したいと思います。

皆さんは、いなり寿司は好きですか?
このお稲荷さん、寿司飯を詰めるのが普通ですが、たまにおそばを詰めている料理を目にすることがあります。
そこでここでは稲荷そばにヒントを得て、もやしをお稲荷さんにしてみました。

材料:もやし…1袋、市販の稲荷用揚げ…5枚、キムチの素…適量

作り方
1.もやしのひげ根を取り、熱湯でさっとゆでます。
2.ゆでたもやしの粗熱をとり、よく水気を絞ったところへキムチの素を加え、さっと和えます。
3.煮汁を絞った稲荷用揚げに2.のもやしを詰め、形を整えます。

今回は超簡単にするため市販のお稲荷さんの皮を使いましたが、もし家に油揚げがあって手作りする場合は次のようなレシピでできます。

材料:油揚げ…5枚、だし汁…150ml、砂糖…大さじ3、しょうゆ…大さじ1、みりん…大さじ1
作り方
1.油揚げに熱湯をかけて油抜きし、水気を絞っておきます。
2.鍋にだし汁と砂糖、しょうゆ、みりんを入れ、1.を半分に切って入れます。
3.2.を火にかけて沸騰したら弱火にしてふたをし、汁がなくなるくらいまでコトコトと煮ます。

時いなり寿司と思って食べたら「具がもやしだった!」なんて、家族が驚きますね。
歯ごたえも楽しめる一品になると思います。
キムチの素の量はお好みで調節してください。  


もやしの鶏皮炒め~鶏肉の皮を捨てずに簡単調理しよう!

「食材を無駄なく使い切る」「安い食材を有効利用」など、家計を預かる主婦にとって参考にしたいアイデアが満載のレシピ本は数え切れないほど出版されています。
そんな節約メニューには欠かせないもやし。

また、鶏肉を料理に使う際に、皮だけ捨ててしまう人も多いはず。
そんな低価格食材のもやしと、普段は捨ててしまうような鶏皮を使った超簡単もやしレシピを紹介したいと思います。

安い、おいしい、簡単、無駄が出ない、といいことづくめのメニューです。
鶏皮と言うとお酒のおつまみのイメージがありますが、意外とお子様にも好まれるメニューだと思います。

材料:もやし…1袋、鶏皮…2枚、鶏がらスープの素…大さじ1、片栗粉…少々、ごま油…大さじ1/2、あさつき…適量

作り方
1.鶏皮は細切りにしておきます。
大きめの皮の場合は、まず半分に切ってから細く切ってください。
2.1.に片栗粉をまぶします。
フライパンにごま油を熱し、鶏皮を焼きます。
カリッとなるようにじっくり焼いてください。
3.一度フライパンから鶏皮を取り出し、同じフライパンでもやしをサッと炒めます。
そこへ2.の鶏皮を戻し入れ、鶏がらスープの素で味をつけて火を止めます。
4.器に盛り付けたら、小口切りにしたあさつきを散らして出来上がりです。

この超簡単もやしレシピを食卓に並べるためには、いつもなら捨てるはずだった鶏皮を冷凍保存して取っておくことが必要です。
「これ、まだ何かに使えるかな?」と捨てる前に考えることが、節約の第一歩かもしれませんね。  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら